オーブンで簡単!ビーフジャーキーの作り方

ビーフジャーキーの作り方をご紹介します。

通常は「漬込→乾燥→燻製」のステップが必要な料理ですが、今回はオーブンで乾燥と加熱を一挙に行い、簡単にビーフジャーキーを作ります。特に今回は衛生面も簡単にできるレシピでもありますので、ぜひ試してみて下さい。

オーブンで簡単ビーフジャーキー

1 材料(作りやすい分量)

・牛ももブロック(脂身の少ない部位) 300g
・☆醤油 大さじ1
・☆みりん 小さじ2
・☆酒 小さじ2
・☆砂糖 小さじ1
・胡椒 たっぷり

2 作り方

① 牛肉を、細長く薄い大きさに切る。

② ①を☆の調味料に漬けて、1時間ほど置く。(この間にオーブンを130℃に余熱する。)

③ 漬け込み後牛肉を並べ、コショウを両面にたっぷりかける。

④ 130℃のオーブンで30~40分加熱して完成!

※ オーブン中、20分を目安に一度裏返し、水分が多い場合は一度水分を取り除くと上手に出来ます。

3 レシピのポイント

今回は、オーブンでビーフジャーキーを作ります。材料も手に入りやすいもので簡単に出来ますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

まず、牛肉は今回牛ももブロックを使用します。牛は「脂」の少ないものであれば、薄切り肉を使用しても大丈夫です!

この牛肉を、薄く・そして細長く切ります。

上記が並べた牛肉です。ビーフジャーキーらしくなってきました!

牛肉はオーブンで加熱すると縮むため、少し長めで切ると丁度良い見た目になります!

そして、この牛肉にしょうゆ・みりん・酒・砂糖に漬け、冷蔵庫で1時間ほど漬けます。

漬け込み後は、両面に胡椒をたっぷりかけましょう。

今回は材料も簡単に作るため、辛み・香りを出すスパイスは胡椒オンリーで作ります。そのため、胡椒はたっぷりとかけましょう!

あとはオーブンで加熱して完成です!

通常の温度(170~210℃)であると、普通の焼き肉のような仕上がりになります(笑)。そのため、温度は130℃と低めの温度でじっくりと焼きましょう。

また水分が多く出るため、20分をめどに一度牛肉を裏返し、また出た水分を取り除くと上手に作れます。

ご家庭・またオーブンで簡単にビーフジャーキーが出来ました!

日にちが経過すると「白い斑点」が出る場合がありますが、少し白い部分は「アミノ酸」になります。冷蔵で2~3日をめどにお召し上がりください。

オーブンでビーフジャーキーまとめ

今回は、ビーフジャーキーを作りました。

通常の作り方では「乾燥」等がとても難しい(虫・カビなど)料理ですが、オーブンで作ると大変簡単に作ることができます。食感・味もかなり本格的にしあがりますので、ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事